こどもの持ち物には名前を書くのが必須

こどもが保育園や幼稚園に通うにようになると、お母さんが大変なのが持ち物への名前書き。これは、園内で持ち物が誰のものかわからなくなってしまわないように、必須として課せられるものですが、意外に大変でへとへとになります。洋服、タオル、おむつなど、消耗品にまですべて書くのが決まり。靴下なんて、1足ずつ書かなければいけないわけですから、もう勘弁してと言いたくなるのはムリもありませんよね。

そこでお母さんたちを救ってくれるのがお名前スタンプ。最初はお母さんたちも、名前をつけるだけなんてぜいたくなのではと考えるようですが、一度使い出すとその便利さに後戻りできなくなるほど。そんなに使うことはないのでは、と考えているなら、試しに名前を書かなければいけないものを数えてみて下さい。もったいないのはスタンプ代ではなく、手書きするお母さんの人件費のほうだと深く納得するでしょう。中には名前ペンで書くのが大好きというお母さんもいるかもしれませんので、苦でなければ良いのかもしれません。ただ、こどもの名前がひらがなでかくととても長くなるような場合、やはり最初は良くても徐々に辛くなって来てしまうのは無理からぬことです。もちろん、どうしてもお名前スタンプでなければ非効率、というつもりもありませんし、スタンプの管理が面倒という人もいるでしょう。肝心なのはお母さんが楽になることですから、一番良いと感じる方法を選ぶのが正解なのです。


どんなお名前スタンプを選べば正解か
買うからには絶対に費用対効果の高いものでなければイヤですよね。どんなお名前スタンプが買って後悔しないかと言えば、まず、押せる素材に注目する必要があります。布製品が多いので、布に押せるのは必須。その外には木製のものやプラスチックにも押せると便利ですし、金属やガラスにも押せればベストです。押した後アイロンがけなどしなくても良いもので、出来れば黒地に白でも押せるタイプが便利。クリーナーが付いていて、失敗したら消せるのもいいですね。後はイラストが添えてあるとこどもが喜びますので、女の子ならハートや星などのイラスト付きもおすすめ。男の子なら乗り物や動物のスタンプが人気のようですよ。

保育園や幼稚園によって、名前の書き方にもルールがあります。例えば、フルネームでないとダメとか、下の名前だけで良いのか、それによってもお名前スタンプの要不要が検討出来ますよね。スタンプセットにもいろいろな種類がありますし、サイズがたくさん揃っていても、1回も使わないサイズがあってはもったいないでしょう。ただ、やはり1種類だと使い勝手が今一つなので、おすすめは大小2種類のサイズを用意すること。洋服などはあまり大きくしたくないですし、おむつには大きくないと目立たないので使い分けるのが便利でしょう。